最終更新日:2022/10/04

【黒い外壁の家】ダークカラーのモダン住宅はなぜ流行るのか

【黒い外壁の家】ダークカラーのモダン住宅はなぜ流行るのか
悩んでいる人

悩んでいる人

最近、黒い外壁の家を見かけることが増えました。とても印象的に見えて気になっています。黒い外壁ならではの、良い面と悪い面があれば教えてください!
管理人

管理人

確かに最近、白っぽい家並みにダークカラーの家をポツポツと見かけるようになりました。高級感や安定感、シックさも感じられて目を奪われます。具体的に調べてみました!

印象的な黒い外壁の家

家のデザインにも流行がある

家は商品であり、何かセールスポイントを 作ることをメーカー側は考えます。家の外観デザインなどの流行も作り出します。
街を見渡せば、2000年前後のカラフルな輸入住宅の時代は遠のき、その後のリーマンショック(2008年)からの不景気な時代を受けて、街はシンプルな外観の白系やベージュ系の家で埋め尽くされていきました。
多分、いざとなったら売りやすい万人受けの外観も考慮されたと思います(白い車が売れるのと同じ現象)。
そんな風潮が続いた中で、白っぽい家ばかりの平凡さを嫌い、個性を求めるお施主さんに対して、 ハウスメーカー側が提案したのが、黒い外壁の家だと思います。

黒い外壁の家が流行っている
黒い外壁の家が与える印象

高級感、重厚感、先進的、個性的、普遍性、非凡、モダン、シンプル、 落ち着き、都会的、おしゃれ、スタイリッシュ、かっこいい、クールなどがあります。

黒い色はリーマンショックの不景気以来、特に人気色となりました。カラフルな色は敬遠される傾向になり、男性だけでなく、女性も黒い服をよく着るようになりました。
不景気による保守的な心理が影響したと思います。しかし家については、明るくかつ無難な白やベージュが一般的となりました。
そんな時代が10年ほど続き、白い家の反動が黒い家に向かったとも言えます。

私の個人的な黒い建物の印象は、小規模な美術館や、美術館の敷地内にあるカフェハウスのような、林の中にあるお洒落で文化的な施設、、といったイメージです。自然の木陰に馴染む色です。なので黒い家に生木を組み合わせたり、植栽の立ち木があると大変よく映えると思います。

黒い外壁はどんな素材なのか
  1. ガリバリウム剛板
  2. 塗装(樹脂系や自然系塗料)
  3. 窯業サイディング
  4. 焼き杉

黒い外壁の素材は、上記の4種類に大別されるようです。同じ黒でもそれぞれの素材で風合いが異なり、それぞれにメリット、デメリットがあります。どんな素材にも共通してですが、艶消しにすると上品に仕上がります。黒い壁の艶ありは雰囲気を損ないます。


\利用実績2万件突破!【持ち家計画】を見る/

\見積もり比較が無料!【ハピすむ】を見る/

黒いガリバリウムの外壁の家
黒い外壁の家のメリットは?
  1. 見た目で印象を残せる

    黒い色の持つインパクトをデザインでうまく行かせれば、 存在感のある家になります。 私は特に、黒+生木の組み合わせを見ると、洗練されて素敵だと思うことが多いです。 生木はルーバーや窓枠などに使われているのを見かけます。

  2. ローコスト住宅でも建てられる

    黒い外壁の家に多い、キューブ状のモダン住宅は、無駄な施工を省くので、ローコスト住宅でも建てられます。 黒いことで高級感があり、安っぽく見えにくいのは メリットだと言えます。

  3. 樹木や植栽が映える

    ダークカラーの外壁は、樹木や植栽が映えることを、散歩しながら発見しました。恐らく明度が似ているので、しっくりと馴染むのだと思います。

  4. 虫が寄って来にくい

    黒は光を反射しないので虫が寄って来にくいと言われます。 蚊やカメムシなどには効果があるでしょう。

  5. 黒い窯業サイディングの家
黒い外壁の家のデメリットは?
  1. 室内の温度が上がりやすい

    ただし外断熱を採用することで、室温の上昇をかなり緩和することができます。

  2. メンテナンスが早まる

    黒色は紫外線による劣化により外壁が傷みやすい傾向があり、早めのメンテナンスを求められます。

  3. 汚れが目立ちやすい

    砂ほこり、鳥のフン、カビなどが目立ちやすいと言えます。 花粉の季節も要注意かもしれません。

  4. 周囲から浮きやすい

    周囲の家は白系、ベージュ系が多いでしょうから、 その中で目立つのは必須と言えます。

  5. 周囲に圧迫感を与える

    黒い家が目の前にあると、暗さと圧迫感を感じる方もいるようです。特に南側の家が黒い家だと、北側の家の人は暑苦しさや息苦しさを感じる場合もあります。

黒い窯業サイディングの家
黒い外壁の家を建てるには(まとめ)

このページの写真では、 塗装、ガリバリウム剛板、窯業サイディングなどの黒い外壁をご紹介しましたが、光を吸い込む黒、光をまとう黒、シックで変化に富んだ黒、など様々な黒い外壁の表情が確認できると思います。
デメリット、メリットもよくご検討いただければと思います。やはり周囲の中では、ちょっと主張する家となるでしょうから、威圧感を与えないよう配慮も必要です。 外壁素材による特徴をよく考慮して、品のいい素敵な家になるよう設計士の方と相談しましょう!

\利用実績2万件突破!【持ち家計画】を見る/

\見積もり比較が無料!【ハピすむ】を見る/

ページトップへ