住まイイネ-新しいライフスタイルのテーマ別特集サイト

【遺品整理】遺品の整理・片付け、清掃をしたい

【遺品整理】遺品の整理・片付け、清掃をしたい
悩んでいる人

悩んでいる人

注文住宅を建てたいんですが、依頼先が決まりません。どうやって探したらいいですか?また、何かお得な情報があったら教えてください!
管理人

管理人・景山

そんなアナタにお勧めなのが、以下のホームページです♪ちょっと覗いてみませんか?

遺品整理についての情報

【お問合わせ数10万件!】<遺品整理>業者ご紹介サービス【EMEAO ! 】

【お問合わせ数10万件!】<遺品整理>業者ご紹介サービス【EMEAO ! 】

優良遺品整理業者紹介サービス【遺品整理110番】

遺品整理のことで悩みなら【ライフリセット】

不用品回収、ゴミ屋敷清掃、遺品整理なら【オールサポート】

【遺品の整理屋さん】総合出張買取サービス(無料出張見積り)

遺品整理業者の一括見積もり・検索サイト【みんなの遺品整理】

遺品整理業者の一括見積もり・検索サイト【みんなの遺品整理】

ゴミ屋敷清掃の情報

清掃サービスプローモーション【ゴミ屋敷バスター七福神】

清掃サービスプローモーション【ゴミ屋敷バスター七福神】

遺品整理についてのお話

姑の遺品整理は、迷惑です

垣谷美雨さんの「姑の遺品整理は、迷惑です」 という小説があります。団地で一人暮らしだった義母が亡くなり、 主人公はパートの合間を縫って電車を乗り継いで通いながら 義母の住まいを片付ける話です。

賃貸だと、1カ月半以内に、片付けて部屋を明け渡さなければならない、などの時間的制約があり、主人公は義母の大量の荷物に 根を上げながらも必死で片付けていきます。

大変ながらも、片付けていくうちに、義母の生前の生き生きとしたエネルギーに触れて主人公の苦労も報われます。そして片付けは、期限までに何とか間に合ったのでした。

実母は断捨離で徹底的に片付けていた

それと前後して、主人公の実母も亡くなりますが、 こちらは早くから断捨離を進めており、 亡くなった後に残っていたのは、生前の日記の束でした。

そこに、生前からあっさりと距離を取って生きていた実母が残した、生き生きとした想いの束を残された日記から読み取ります。。
遺品整理は人それぞれ、大変さもそれぞれですね。 ただし、故人が住んでいた家を早く空にしなければならない場合、 あるいは家が遠方で何度も通えない場合は、遺品整理のサービスを頼んでみるのも必要なことかもしれません。

ページトップへ